あいうえお色日記

あいうえお色日記

第10回あいうえお色日記(中村より)

「こんいろ」 島だから毎日海を見るのだけれど、未だに飽きない。 CAS凍結センターの目の前の海。 ここに来てはじめて時化ている海を見た。 先週から、わたしはCAS凍結センターで働いている。 その日あがった魚介類...
あいうえお色日記

第9回あいうえお色日記(中村より)

「けさのそらのいろ」 毎朝、空の色が気になる。 「今朝の空」といって家族や友人に写真を送っている。 住んでいる崎から港までは車で20分ほど。毎朝太田さんに乗せて行ってもらう。この景色も、太田さんは毎日だから慣れてし...
あいうえお色日記

第8回あいうえお色日記(中村より)

「くろ」 曇っている日の海の色。 来島翌日の写真。 わくわくする気持ちが大きかったものの、やはり少し緊張していたことを思い出す。 そしてこの黒い海を撮った日、もっとも驚いた黒がこれ。 ...
あいうえお色日記

第7回あいうえお色日記(中村より)

「きつねいろ」 おでん。 先日あった「食の感謝祭」後の直会(なおらい、打ち上げのこと)で出た。 女性陣で盛り付けているところだ。 ここはお酒が強い人が多い。 直会はもちろん大騒ぎ。 おじさん達はパカパ...
あいうえお色日記

第6回あいうえお色日記(中村より)

「からちゃいろ」 第4回の江戸茶色といい、今回の唐茶色といい、 茶色にもいろいろあるのだなと知った。 今回はもう少し濃い茶色だ。 ザ・秋。 きれいなものがたくさん落ちていたので、夢中で拾ってしまった。 ...
あいうえお色日記

第5回あいうえお色日記(中村より)

「おれんじ」 母と萩に旅行に行ったとき、オレンジ色の屋根の家を多く見かけた。 海士町でも山間部で特によく見かける。 島根の石見地方原産の石州瓦だ。 冬の寂しい山の景色がぱっと明るくなる。 かわいらしくて好きだ。...
あいうえお色日記

第4回あいうえお色日記(中村より)

「えどちゃいろ」 隠岐神社は淡い木の色をしている。 「江戸茶色」という色があるらしい。これが近い色だと思う。 ここは後鳥羽上皇を祀った神社で、崩御700年の節目に造られた。 わたしが訪れた時間は他に誰もおらず、独り占めす...
あいうえお色日記

第3回あいうえお色日記(中村より)

「うすべにいろ」 今日はよく晴れている。青空には雲一つない。 午前中、自転車を借りて明屋海岸に向かった。 その道中で見つけたコスモスだ。 青空に映える花々に惹かれ、自転車を止めて写真を撮っていた。 みつばちも嬉しそうに花の...
あいうえお色日記

第2回あいうえお色日記(中村より)

「いおういろ」 ここに来てから硫黄色の植物をよく見かける。セイタカアワダチソウ。 ススキとよく一緒に生えている。 紅葉する樹木が少なく、この時期も山のほとんどが寒々しい深緑色だから、道端にかたまりで生えていると華やかになる。 そ...
あいうえお色日記

第1回あいうえお色日記(中村より)

海士町には色が溢れている。 時間で変わる空の色、日の当たり方で変わる海の色、季節によって変わる植物の色。 フェリーの船体の輝く白に、名産寒シマメ漬けのつややかな褐色。 そんな溢れる色に着目して、海士町を表現してみようと思う。 あ...