第6回あいうえお色日記(中村より)

あいうえお色日記

「からちゃいろ」

 

第4回の江戸茶色といい、今回の唐茶色といい、
茶色にもいろいろあるのだなと知った。

 

今回はもう少し濃い茶色だ。

 

 

ザ・秋。
きれいなものがたくさん落ちていたので、夢中で拾ってしまった。

 

今日は隠岐神社で舞台やテントの設営を手伝わせてもらった。
あさっての感謝祭にむけて。

 

 

大の男の人が何人も集まってお祭りの準備をしている。

 

倉庫からテントの骨組みを出し、軽トラックに積んで運ぶ。
神社の物置きからも板を運び出し、組み合わせ、固定していく。

 

みるみるうちに舞台とテントの骨組みが出来上がっていった。

 

文化祭準備みたいだった。

 

忙しくて、力仕事が多くて、少しずつ実感がわいてくる光景。

 

大人たちがそれをしている。
不思議な気がするけれど、見ていて違和感はまったくなかった。

 

わたしはなぜだかうれしくなってしまった。
作業するみなさんがかっこよく見えたし、
全員感謝祭にきちんと向き合っていて、それが当たり前となっている雰囲気が
うらやましかった。

 

おおげさだと笑われるかもしれないけれど、
いいなぁって、心底思った。

 

 

週末も天気が良さそうだ。
楽しいお祭りになりますように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あいうえお色日記
都市と離島の暮らし方研究所