第3回多拠点生活についての研究(藤尾より)

多拠点生活についての研究

拝啓 太田さん

 

先日はお返事ありがとうございました。

そうですね、私もまさか太田さんと交換日記をすることになるとは思いもしませんでした。

今年の夏はたしかに刺激的な毎日でしたね。一緒に過ごしたみんなは本当に個性豊かでいろんな独自の“色”をもった子たちばかりだったけど、一緒に過ごしていくうちにそれぞれの色がどんどん広がって、混ざり合って、影響しあっていったように思います。海士にいくまでは苦手としていたことだけど、自分とはちがう考え方や好み、感性をもっている人、自分とは全くちがう立場にいる人とも話をしたり、相手のことを聴いてみたりすることは、すごく刺激的でおもしろいことなんだなぁと感じました。

 

そういった意味でこの交換日記でも、太田さんのおっしゃるように、良い悪い、好き嫌いを超えて、いろんな考え方や個性のまじりあったおもしろいやり取りができるといいですね。最終的には、どんどんほかの人たちも巻き込んで、いろんな“色”をとりまぜていけたら、、、なんて考えるとわくわくしますね。

 

面谷さん、私が冬に海士に突撃しようとしていることはご存じないのですね。ではフェリーを降りたら真っ先に船渡来流亭にお邪魔して、面谷さんを驚かせようと思います。

次に海士に遊びに行くときは、冬の海士を楽しみたいなぁと考えています。空や海の色、波や風の音、星の輝き、夏とはちがう海士の顔が見られるのが楽しみです。太田さんやみなさんとこたつを囲んでお鍋とお酒を楽しむ、きっと賑やかな夜になるんだろうなぁ。そんな冬を想像したら、アルバイトもばりばり頑張れます!

 

さて、話は変わりますが、私は最近、ひとに「伝える」ということに関心を抱いています。本土に帰ってきて、2拠点生活の準備として海士についての調べ物をしたり、実際に多拠点生活をしている人のことを調べたりしている時に、いろんな人の文章や記事、写真を目にする機会が増えました。いや、もう毎回いろんな方の伝える力に圧倒されています。自分の考えていることを言葉や画、音にして伝えるのってすごいことだと思いませんか?私なんて親しい人とLINEをするだけでも言葉選びに迷ってなかなか送れないのに、、、。今この交換日記を書きながらも何回文字を消したことやら。

春から他拠点生活をなんとか少しでも「伝える」力をつけたいと考えています。太田さんの書かれた文章や写真も目にすることがあるのですが、その文章や写真に太田さんの想い、個性(特におもしろさ)が溢れていて、いつも見入ってしまいます。私もいつか自分らしい伝え方ができたらなぁと思います。太田さんはなにかをひとに伝えるときに意識しておられることはありますか?少しでもヒントをいただけると幸いです。

(多拠点生活の研究らしさが全く無くて、ごめんなさい。でも、とりあえずその情報発信の準備としての日記だとしてお許しください、、、。)

 

今夜から明日にかけては今シーズン一番の冷え込みになるようです。お忙しい日々を送っておられるようですが、体調にはお気を付けください。では。

                       

大阪府立大学3年
藤尾 ことみ