旅の途中で

シティボーイの離島体験記その5

 昨日、寮の皆と餃子パーティをしたのですがその時に、とれたての生のサザエをそのまま頂きました。ものすごくプリップリで一瞬にして口の中から無くなってしまうほどのおいしさでした。そのおかげで今日も仕事頑張れてます。

 ちなみに海士町には特産品であるサザエを使った「さざえカレー」なるグルメがあるので、ぜひ海士町にいらした際には食べてみてください。感動する美味しさです。


 ということで、私も海士町に来てからはや6日が経ちました。

 今回はこの6日間を振り返って、仕事や寮生活のことについてブログを書いていこうかなと思います。

離島ワーホリって何?

 私は9月8日からの2週間、海士町の離島ワーホリに参加し、主に海士町の観光協会で働いています。主な仕事としては、離島ワーホリのことをより詳しく知ってもらうために、ワーホリ生にインタビューしたものを、文字に起こしてブログを書いています。

↓過去のブログはこちら↓

シティボーイの離島体験記その4
シティボーイの離島体験記その3
シティボーイの離島体験記その2
シティボーイの離島体験記

 私は、今までインタビューをしたことや、それを編集して公開するといった経験はしたことがないです。なので、その人のバックグラウンドをインタビューを通じて引き出せるように質問をかんがえていくことや、そのインタビュー内容を分かりやすく読み手に伝える為に文章を編集するといった作業はとても大変に感じる反面、すごい良い経験が出来ているかなと思います。

また、この仕事を通じて色々なワーホリ生からお話を聞くことが出来ます。それによって、ワーホリ生の人柄や考え方をより深く知ることできて、かつお互いに仲良くなることができるので仕事をしていてとても楽しいです。

離島ワーホリとは

 ところで皆さん。このブログでも頻繁に登場しますが、離島ワーホリとはどういう制度だか知っていますか?

一言で説明すると、離島ワーホリとは

「実際に離島に住んでみて、島の生活を肌で感じてみる」

ために作られた制度です。

離島って聞くと、「本土から離れてて行きにくそう」とか「コンビニとかなくて凄く不便そう」といったネガティブなイメージもあれば、「海や山など自然に囲まれて生活が出来る」とか「採れたての美味しい海産物が食べられる」といったポジティブなイメージを持っている方もいると思います。

このように離島に対して様々なイメージがあるなかで、離島に来て離島の生活を体験してもらうきっかけを作ってもらうために離島ワーホリというプロジェクトがあります。

なので「離島に興味は持ってるけど、わざわざ行く理由が見つからないな」とか、「都会の生活を離れて、田舎の生活を体験してみたいな」と考えている方はぜひ一度この「離島ワーホリ」を使って、海士町にいらしてほしいです。

私は、そんな離島ワーホリに興味を持っている方に向けて、離島ワーホリ生の声を伝えたり、海士町について知ってもらうことができるように、この2週間ブログを通して発信していきたいと考えています。ぜひ気軽に読んでいただければ幸いです。

離島での生活はどんな感じ?

 続いて、離島での生活について書いていきたいと思います。私も海士町に来てからおよそ1週間が経過しました。この1週間の離島生活を3つのキーワードでまとめると、

・ご飯が美味しい!!!
・自然が豊か!!!
・寝不足!!!

ですかね。(笑)

まず、「ご飯が美味しい!!」についてです。基本的に離島ワーホリ参加者は、朝昼晩の3食ともシェフが作った料理を食べることが出来ます。この食堂で頂けるご飯に関しては、なななんと

「海士町の食材使用率80%以上使用」をテーマに料理を作っているため、自分で自炊したり、わざわざ外食をするまでもなく海士産の新鮮な食材をいただけることになります!


言うまでもなく、どの料理も非常に美味しいです。それに加えて、ご飯の配膳や片付けに関しては寮の皆で協力して行うため、ここでも寮生の仲が深まります!

後は、寮に釣りセットが完備してあるので、近くの浜辺で釣りをして、釣れた魚を素揚げにして食べたりしました。

次に、「自然が豊か!!!」についてです。皆さんのイメージと大きくは違わないと思いますが、海士町は「自然!自然!自然!」っていうくらい本当に豊かな自然に囲まれています。広大な海と山に囲まれた中で生活できるのはもちろんのこと、おとといの夜なんかは人生で1番綺麗だったといっても過言ではないような満天の星空をみることができました。

空気もすごい澄んでいてきれいなので、晴れた日の朝なんかは早起きして散歩に出かけたりすると、最高の1日が過ごせますよ!(本当におススメです。)

こんなに自然が豊かなところなので、もちろん生き物もたくさんいます。

夜にはカエルやコオロギの大合唱が聞こえますし、道端には牛がいますし、昨日なんかは女子寮に超巨大なゲジゲジが出たみたいで大騒ぎだったそうです。

こんな感じで、とても豊かな自然の中で生活することが出来るので、「自然に触れあいたい!」とか「都会生活疲れたよ…」と思っている方はぜひ一度来ていただくことをお勧めします!

最後に「寝不足!!!」についてです。これはもう寮生活そのもののメリットなのですが、離島ワーホリに参加していただくと、個性的な仲間たちと一つ屋根の下で何週間にもわたって生活をすることになります。しかも、餃子パーティーとか、フットサル大会とか、ビリヤード大会とかたくさんのイベントがあるので、寮生の仲がとても深まります。

そんなこんなで、ゆかいな仲間たちと毎日夜遅くまで話したり、遊んだりしているので、基本的に毎日寝ぼけながら出勤するといった日々が続きます。寮生のある友達なんかは、毎日出発する15分前に目を覚まして、超速で身支度を整えて出発するので、寝癖がとてもひどかったり…なんてことも日常茶飯事ですね。(笑)

そんなこんなで、毎日がとても充実した離島ワーホリ生活を送っております。

これからもこのブログを通して、離島ワーホリ生のインタビュー記事など離島ワーホリに関する情報を発信していきます。

ブログを見て、海士町や離島ワーホリに興味を持っている方に役立つような情報を提供できるように努力するので、読んでいただけると嬉しいです!

次のブログでは、離島ワーホリ生のインタビューを引き続きお送りしたいと思います。